nginxの公開ディレクトリの設定方法

CentOS 7 にインストールしたnginxに公開ディレクトリの設定をしてみます。nginxは初期状態のままです。

まず、公開するディレクトリを作成します。/var/www/html 配下にdumyというディレクトリを作成して、そこにhtmlファイルを格納するようにします。rootユーザーで作業します。

公開用のdumyディレクトリの作成をします。

# cd /var/www/html
# mkdir dumy

dumyディレクトリの所有者を変更します。既存のユーザーであれば何でも良いです。nginxが参照できるようにディレクトリの権限を775とします。

# chown usr:usr dumy
# chmod 775 dumy

lsコマンドで確認します。

# ls -l
drwxrwxr-x 2 usr usr 4096 1月 2 20:56 dumy

dumyディレクトリ配下にindex.htmlファイルを作成します。

# cd dumy
# vi index.html

index.htmlに記載する内容です。


<!DOCTYPE HTML>
<HTML>
<HEAD>
<META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8">
<META name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1">
<TITLE>TEST PAGE</TITLE>
</HEAD>
<BODY>
これはテストページです。
</BODY>
</HTML>

index.htmlファイルも所有者を変更しておきます。

# chown usr:usr index.html
# ls -l
-rw-r--r-- 1 usr usr 262 1月 2 20:56 index.html

公開用ディレクトリとindex.htmlファイルの作成ができましたので、nginxがこのディレクトリを公開するようにします。
/etc/nginx/conf.d 配下のdefault.confを修正します。

# cd /etc/nginx/conf.d
# vi default.conf

修正箇所はrootディレクティブです。太字のように修正をします。


修正前
location / {
    root   /usr/share/nginx/html;
    index  index.html index.htm;
}
 ↓
修正後
location / {
    root   /var/www/html/dumy;
    index  index.html index.htm;
}

修正が終わったらコンフィグテストをします。

# nginx -t

「nginx.conf syntax is ok」および「nginx.conf test is successful」と表示されればOKです。

nginxを起動します。

# systemctl start nginx

ウェブブラウザに「http://nginxのIPアドレス/」を入力して以下の画面が表示されれば成功です。

もしうまくいかない場合はnginxのログを見てみましょう。ログは初期状態だと /var/log/nginx 配下に出力されます。access.logとerror.logがあるので、サーバーまで通信が届いているかはaccess.logで確認して、通信が届いている場合はerror.logでエラー内容を確認します。初期状態のログ出力先は /etc/nginx/nginx.conf ファイルに記載されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。