ubuntuにCanonのプリンタドライバをインストールしてみた。

ubuntu 18.04 LTSにCanonのプリンタドライバをインストールして印刷ができるようにしてみました。プリンタは「PIXUS MG5730」です。Canon製品であれば、他のプリンタも同じ手順だと思います。

まず、Canonのソフトウェアダウンロードのページに行きます。

プリンターから「インクジェットプリンター」を選びます。

プリンターの種類から「インクジェット複合機」を選びます。

プリンターの機種を選びます。「PIXUS MG5730」を選びました。

OSは「Linux」を選びます。

ソフトウェアからは「IJ Printer Driver Ver. 5.20 for Linux」を選びます。

ubuntuの場合はdebianのほうの「HTTPダウンロード」を押下し、プリンタドライバをダウンロードします。

なお、2020/10/31時点のCanonのホームページだと動作環境は「ubuntu 15.04」となっています(ピンク枠のところ)。ubuntu 18.04 にこのドライバをインストールして印刷をしていますが、今のところ問題はないです。

また、インストールについての操作説明書がダウンロードできます(青枠のところ)。ここにインストール方法が書かれていて、この手順でインストールをしました。

では、実際にプリンタドライバのインストールをします。プリンタは電源を入れて接続できる状態にしておいてください。

ダウンロードしたファイルをtarコマンドで解凍します。ダウンロードしたファイルは「cnijfilter2-5.20-1-deb.tar.gz」というファイル名でした。

$ tar zxvf cnijfilter2-5.20-x-deb.tar.gz

解凍すると「cnijfilter2-5.20-1-deb」というフォルダがカレントディレクトリにできるので移動します。

$ cd cnijfilter2-5.20-1-deb

「install.sh」があるのでsudoコマンドでこれを実行します。

$ sudo ./install.sh

インストールが行われます。

インストールが完了するとプリンタの登録作業に入ります。Enterキーを一度押下します。

まず最初に「接続方法の選択」をします。USBかネットワークを選ぶのですが、僕の環境は無線LANでのプリンタ接続であるためネットワークのほうの「2」を入力してEnterキーを押下します。

次に「プリンターの選択」を行います。検出された対象プリンターに「Canon MG5700 series」とあるので「1」を入力してEnterキーを押下します。

今度は「プリンターの登録」を行います。プリンタの名前は「MG5730LAN」としてEnterキーを押下しました。

最後に「通常使うプリンターに設定」するかどうかを決めます。通常使うプリンタにするので「y」を入力してEnterキーを押下します。これでプリンタの設定が完了します。

プリンタが登録されているか確認してみます。ubuntuの設定画面からデバイス→プリンタとたどると「MG5730LAN」がプリンタとして登録されていることがわかります。

テストページを印刷してみます。ウェブブラウザーを開いて「http://localhost:631」と入力します。CUPSの管理画面が開きます。「プリンター」タブを選びます。

プリンタが表示されているので、それを選びます。

プルダウンから「テストページの印刷」を選びます。印刷ができることを確認してみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。