Javaの利用とサポート期間の振り返り

Javaは以前は無償で使えていたのですが、今は商用利用は有償となっておりサポート期間もバージョンによって違います。Java(Oracle JDK)を使ってみようと思い、今更ながらまとめてみました。

2014年3月 Java8がリリース
Java8までが無償利用が出来て、且つ、バグフィックスやセキュリティパッチの提供も(無償で)受けられたJavaです。6→7→8とメジャーバージョンアップが行われてきましたがバージョンアップの間隔は3〜4年となっていて特に決まっていませんでした。また、次のバージョンが出たからといって前のバージョンのパッチ提供がすぐになくなるということはなかったと思います。今は、商用利用でのJava8のパッチの提供は終了しています(2019年1月に終了)。個人利用の場合は2020年12月までパッチ提供があります。

2017年9月 Java9がリリース
Java9からはバージョンアップは半年ごとになりました。パッチのサポートも半年間のみです。Java9を使い始めて半年後にはJava10が出るのでそちらに移行すれば良いわけですが、商用利用している場合はそう簡単に載せ換えられるものでもありません。半年後にパッチのサポートがないからと言ってJava9が使えなくなるというわけではないのですが、商用利用の場合は不安があります。その場合はお金を払うことで(つまり、有償で)Oracleからパッチを提供してもらうことはできます。

2018年9月 Java11がリリース
Java11からは商用でJavaを利用する場合は有償となりました。Oracleとライセンス契約が必要です。非商用(開発環境での利用)もしくは個人利用であれば無償です。またJava11では有償としたためか半年のサポートではなく5年間の長期サポート(LTS:Long Time Support)となっています。Java11以降もJavaのバージョンは半年ごとにあがっていきますが、Java11のようなLTS版は3年ごとに出るようです。次のLTS版はJava17です。non-LTS版も有償ですがサポート期間は半年間です。
個人の場合は無償で利用はできますがOracleからのサポートはなさそうです。

2018/09 Java11 LTS
2019/03 Java12 non-LTS
2019/09 Java13 non-LTS
2020/03 Java14 non-LTS
2020/09 Java15 non-LTS
2021/03 Java16 non-LTS
2021/09 Java17 LTS
2022/03 Java18 non-LTS
2022/09 Java19 non-LTS
2023/03 Java20 non-LTS
2023/09 Java21 non-LTS
2024/03 Java22 non-LTS
2024/09 Java23 LTS

[広告]

Java11以降、商用でJava(Oracle JDK)を利用する場合はタダではなくなったということです。ですが、OpenJDKというものを使えば商用でも無償でJavaが利用できます。OpenJDKは、OpenJDKコミュニティが作成したソースコードをOracle社がビルドしたものなのでOracle JDKとほぼ同じと考えてよいでしょう。ただOpenJDKも半年ごとにバージョンアップが行われていて、パッチも半年間のみの提供です。半年ごとに次のバージョンのOpenJDKに載せ換える手間があります。

ちなみにOracle社の製品(ウェブアプリケーションサーバーのweblogic)を使用している場合は製品のライセンス契約の中にJavaの利用が含まれるようなのでそれを使ってもよいかもしれません。Oracle社の方でweblogicのバージョンとJavaのバージョンとの整合性を確認してくれるようです。

以下はOracle社が行うJavaのサポート期間です(2020年4月現在)。

Premier Support、Extended Support、Sustaining Support の3つがあります。Oracleの「ファースト・ステップ・ガイド 第8版」によると「通常、ソフトウェア製品は出荷開始後の5年間をPremier Support期間とし、包括的なメンテナンスとソフトウェア・アップグレードを提供します。Premier Support期間終了後は、特定のプログラム・リリースについては、追加料金設定により、Premier Supportに準ずるサービス・レベルを維持するExtended Support期間が通常3年間提供されます。Extended Supportが設定されないリリースおよびExtended Support期間の終了後はSustaining Support期間となります。」とあります。

ちなみに、Java8のPremier Support期間が2022年3月までとなっているのが疑問だったのだけれど(Java8の商用利用でのサポートは2019年1月に終了したはず)、、これは本来は無償で使えたJava8を有償でOracle社と契約することでサポートしてもらえるということなのかな?と思いました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。