CentOS6とCentOS7でのプロセス管理コマンドの比較

CentOS6で使えたプロセス管理の「service」コマンドがCentOS7では使えなくなり、代わりに「systemctl」コマンドになりました。プロセスの起動、停止、再起動などCentOS6と7とでプロセス管理コマンドの比較をしてみました。なお、CetOS7ではsystemdデーモンが各プロセスを管理する際にユニット、ターゲットという括りで管理していて、httpdやsshdなどのプロセスはserviceユニットとして管理されています。言い回しも「プロセス管理」ではなく「サービス制御」と言われているようですので、それにあわせて記載します。以下のプロセス名とサービス名は言い方は違いますが同じ意味と捉えてください。

httpdやsshdのことを、
CentOS6の場合はプロセスと、ここでは呼ぶ。
CentOS7の場合はサービスと、ここでは呼ぶ。

起動、停止、再起動など

■CentOS6の場合
# service プロセス名 start(起動)
# service プロセス名 stop(停止)
# service プロセス名 restart(再起動)
# service プロセス名 reload(リロード)
# service プロセス名 status(状態の確認)

■CentOS7の場合
# systemctl start サービス名(起動)
# systemctl stop サービス名(停止)
# systemctl restart サービス名(再起動)
# systemctl reload サービス名(リロード)
# systemctl is-active サービス名(状態の確認)
# systemctl status サービス名(状態の確認)

※CentOS7の場合、状態の確認にis-activeとstatusの2種類があるがstatusのほうがより詳細な情報が表示される。

自動起動の確認、設定、解除

■CentOS6の場合
# chkconfig --list(自動起動の確認)
# chkconfig プロセス名 on(自動起動の設定)
# chkconfig プロセス名 off(自動起動の解除)

■CentOS7の場合
# systemctl list-unit-files(自動起動の確認)
# systemctl enable サービス名(自動起動の設定)
# systemctl disable サービス名(自動起動の解除)

[広告]

ランレベル確認、変更

■CentOS6の場合
ランレベルの確認は「/etc/inittab」ファイルを開いて「id:○:initdefault:」を見て確認します。○のところにランレベルが記載されています。「id:3:initdefault:」となっていればランレベルは「3」となります。
ランレベルの変更は「/etc/inittab」ファイルの○の部分を書き換えてください。

■CentOS7の場合
# systemctl get-default(ランレベルの確認)
# systemctl set-default ターゲット名(ランレベルの設定)

CentOS7の場合、ランレベルの変更は「systemctl」コマンドで実施できます。ランレベルとターゲットの対比は以下となります。

ランレベル ターゲット名 別名
0 poweroff.target runlevel0.target
1 rescue.target runlevel1.target
2 multi-user.target runlevel2.target
3 multi-user.target runlevel3.target
4 multi-user.target runlevel4.target
5 graphical.target runlevel5.target
6 reboot.target runlevel6.target

これらの設定は次回起動時から有効になります。

なお、即時でランレベルの変更するにはCentOS6では「init」コマンドを使用、CentOS7では「isolate」オプションを使用します。

# init ランレベル(CentOS6の場合)
# systemctl isolate ターゲット名(CentOS7の場合)

[広告]

ubuntuのプロセス制御

CentOSについてプロセスの起動、停止、再起動やランレベルの変更方法を書いてみましたが、ubuntuの場合も書いておこうと思います。ubuntu 18.04 LTSの場合ですが「service」コマンドや「chkconfig」コマンドは使えません。代わりに「systemctl」が使用できますのでCentOS7と同様の方法でプロセスの起動、停止、再起動やランレベルの変更が行なえます。「man systemctl」で詳細が見られますので確認してみてください。

※systemctlを含めCentOS7についての詳細本。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。