CentOS7.4にPHP7がインストールできないと思ったときの対応

CentOS7.4にPHP7をインストールしたときのメモです。CentOS7の標準のリポジトリではPHP7がないらしく、先にEPELリポジトリとREMIリポジトリを入れる必要あるとのことで、そのようにやりました。

■EPELリポジトリのインストール
# yum install epel-release

■REMIリポジトリのインストール
# rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

ここまでは問題なく終了。インストールされるPHPを以下のコマンドで確認。

■インストールされるPHPの確認
# yum info --enablerepo=remi, remi-php72 php

そのときのログが以下です。

あれ?このままだとPHP5.4.45がインストールされるっぽい。PHP7をインストールしたいのだけどそうはいかないみたい。「--enablerepo=」にremiリポジトリを指定すればよいとネットでは出ていたのですが。逆に「--disablerepo=」というオプションがあるらしく、こちらはいったんリポジトリを全て無効にするらしい。なので、これをつけてみた。

# yum info --disablerepo=* --enablerepo=remi, remi-php72 php

でも結果はPHP5.4.45のままで変わらずでした。

[広告]

ちょっと考えて「--enablerepo=」にremiとremi-php72の2つを指定しているのだけど、remi-php72だけにしたらうまくいかないか?と思い、やってみた。

■インストールされるPHPの確認
# yum info --enablerepo=remi-php72 php

そのときのログが以下です。

おっ!PHP7.2.17がインストールされそうです。なので、これでphpとphp-mbstringのインストールを実行します。

■PHPのインストール
# yum install --enablerepo=remi-php72 php php-mbstring

期待通り、PHP7.2.17がインストールできました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。