ubuntuからプリンターに印刷するのが手間不要だった。

EPSONのプリンターを買いました。ubuntuから印刷できるようにLinux用のプリンタドライバーがあるかどうかと気になっていたのですが、今はドライバーなんて不要なのですね。今さらながら知りました。ubuntuが IPP Everywhere や AirPrint に対応しているからドライバレスで使えるようです。

IPP Everywhere や AirPrint はプリンタの検出と印刷機能をOSに装備して、ドライバを入れなくても印刷ができるようにしたもののようです。プリンターも IPP Everywhere や AirPrint に対応している必要があります。

買ったプリンタは PX-M6011F という大きいEPSONのプリンターなのですが、これがAirPrintに対応していました。設定画面のプリンターを見たときにEPSONのプリンターが表示されていました。ubuntuとプリンターを無線LANにつなげれば、自動で検出されるようです。

※下のはCanonのプリンターで、こちらはLinux用のプリンタドライバーをいれてます。

CUPSの画面「http://localhost:631」のプリンタータブを見てみると、driverlessと表示されています。

EPSON_PX_M6011F_Series をクリックしてテストページの印刷をしてみると、プリンターからテストページが印刷できました。

IPP Everywhere は ChromeOS(Chromebook)が対応しているし、AirPrint は iOS(iPhoneやiPad)が対応しているから、プリンタメーカーもその対応をプリンターに入れているみたいです。今までubuntuから印刷するにはドライバー問題を気にしていたけれど、そういう心配はもうないんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。