Let’s EncryptでTLS化する(前編)

Let's Encryptを使ってWEBページをTLS対応する方法です。無料でSSL/TLS サーバ証明書が発行されます。実際に試した環境は以下となります。

CentOS 6.10 + Apache 2.2.15

(作業はrootユーザで行います)

1.事前準備

mod_sslのインストールをします。

# yum install mod_ssl

/etc/httpd/conf.d 配下にssl.confがあり、ssl.confの中でmod_ssl.soをロードする記載があります。

[広告]

Let's Encrypt は、クライアントソフトウェア「Certbot」を使用してSSL/TLS サーバ証明書を取得します。Certbotが必要とする依存関係にあるパッケージがEPELリポジトリにあるため、先にインストールしておきます。

# yum install epel-release

※最新になっている場合は実行してみても「パッケージはインストール済みか最新バージョンのため何もしません」となります。

certbotを以下のURLから取得します。

# wget https://dl.eff.org/certbot-auto

任意のディレクトリに保存して、certbot-autoに実行権限を付与します。

# chmod 775 certbot-auto
# chown root:root certbot-auto

なお、certbotをインストールする前にcertbotが外部と通信できるように80番ポートと443ポートをあけておいてください。

2.certbotのインストール

certbotを保存したディレクトリに移動し、certbot-autoを実行します。certbot-autoを実行すると、Certbotクライアントの実行に必要な複数のパッケージが自動的にインストールされます。

# ./certbot-auto

インストールが始まると以下のような質問が英語で行われます。

・連絡先のEmailアドレス
 → Let's Encryptから連絡を受けたいEmailアドレスを入力します。

・規約に同意するかどうか
 → 「A」を入力します(Agreeのこと)。

・Let's EncryptパートナーにEmailを公開するかどうか
 → 「Y」or「N」を入力します(Yes or Noのこと)。

・httpsをアクティブにするサーバ
 → 証明書を取得したいサーバを選んで番号を入力します。

・httpアクセスをhttpsにリダイレクトするかどうか
 → 「Secure」の番号を選びます(リダイレクトのこと)。

インストールが終了したら、証明書の取得に移ります。

3.サーバ証明書の取得

「example.jp」と「www.example.jp」の両方に対応するサーバ証明書を取得する場合、以下のコマンドを実行します。

# ./certbot-auto certonly --webroot -w /var/www/html -d example.jp -d www.example.jp

※上記の「/var/www/html」はドキュメントルートに置き換えてください。

証明書の取得が成功すると「IMPORTANT NOTES:」(画面の下部)に Congratulations! のメッセージが表示されます。このメッセージの中に証明書の有効期限が記載されていますので、確認しておいてください。Let's Encryptの場合は証明書の有効期限は発行から3ヶ月間となっています。

Your cert will expire on 2018-12-31.(有効期限のメッセージ)

なお、実際の証明書は以下のディレクトリに配置されます。

サーバ証明書(公開鍵)
SSLCertificateFile・・・/etc/letsencrypt/live/サーバ名/cert.pem

秘密鍵
SSLCertificateKeyFile・・・/etc/letsencrypt/live/サーバ名/privkey.pem

中間証明書
SSLCertificateChainFile・・・/etc/letsencrypt/live/サーバ名/chain.pem

Let’s EncryptでTLS化する(後編)」に続く。

スポンサーリンク